2010年11月19日

栃木弁講座〜第三十四回〜

tyobe34-1.gif

今回も始まりましたトチギケンの“ちょべちょべ栃木弁講座”!

前回の助詞はいかがでしたか?
本日は、助動詞について勉強していきましょう!

その語とは…


これだっぺ








tyobe34-2.gif

これらを動詞の末尾につけることで、

「れる」「られる」を表すことができます。


標準語で言うところの、「可能」「受け身」を表します。

まあね、こむずかしいこと言うよりなにより
こちらの会話をご覧いただきましょう!




tyobe34-3.gif


こちらは

“行かない・行くとき・行けば・行こう”

五段活用する「行く」が原型となってますよ。


“行け+れる”という言葉が


栃木弁では“行かさる”になります!





tyobe34-4.gif


こちらは“見られる”という可能動詞が原型です!


“見る+れる”という言葉が


栃木弁では“見らさる”になります!






tyobe34-5.gif





こちらは、誰かによって干されたタオルなので

受け身になります。

まあね、タオルが自ら竿にひっかかるなんてことは、
ありゃしませんね(笑)








tyobe34-6.gif


こちらは

“書かない・書くとき・書けば・書こう”


五段活用する「書く」が原型となってますよ。


“書け+れる”という言葉が

栃木弁では“書かさる”

その否定形なので、“書かさんね”です!



今回はちょいとばかし難しかったですかい?

まあでもほら、あくまでも雰囲気ですから!ふ・ん・い・き(¬▽¬。)

それにしても、“さる”“ら”がつくかつかないだけで、

二通りの意味を表現してしまうんですから、
改めて栃木弁とはあっぱれです!

えっ?今後は、こ難しい話はやめてけれ?

そんなんが続くと…





tyobe34-7.gif





あっ!ここにも“さる”が!Σ( ̄ロ ̄ )


こんなとこにまで栃木弁が(ΦωΦ)ふふふ・・・・(そりゃ違かんべ!)



いや〜、いやいや栃木弁、


脱帽っす!<(_ _)>(違うっちゅーの!)



余談ですが、栃木からも富士山がほんとに見えますよ〜。
では、次回もこの場所でお会いしましょう!ヾ( ̄◇ ̄)ノ))

次回もこの場所でお会いしましょう!ヾ( ̄◇ ̄)ノ))



tyobe34-8.gif






みなさまの応援クリックが
トチギケンのはげみになります!

rankin-tyobekou.gif
いつも応援クリック
ありがとうございます<(_ _)>








posted by ゆきっぺ at 00:00| 栃木 ☀| Comment(0) | 栃木弁講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。